台湾
グルメ
中正紀念堂近くの人気店

朝から小籠包も!台湾式朝ごはんの人気店「鼎元豆漿」

©TRIPPING!

台湾は朝ごはんが美味しい!台湾式の朝ごはんといえば、豆乳や揚げパン、台湾式クレープが一般的。台北市内には、台湾式朝ごはんの食べられる食堂があらゆる場所に点在している。

今回ご紹介するのは、MRT「中正紀念堂」駅から徒歩10分の場所に位置する食堂「鼎元豆漿(ディンユァンドウジャン)」。地元の人にも観光客にも人気の一軒だ。

本文を読む


 

朝ごはんにぴったりの豆乳と、小籠包

鼎元豆漿でマストで注文したいのが、塩味の豆乳「鹹豆漿(シェンドウジャン)」と小籠包。


©TRIPPING!

鹹豆漿(30元)は、桜えびやザーサイ、青ネギなどが入った温かい豆乳に、酢を加えたもの。台湾では一般的な朝ごはんのひとつだ。豆乳のまろやかな味わいに、具材の塩味と酢の酸味が加わって、スルスルと食べ進めてしまう。次第に、酢によって豆乳が固まりはじめ、豆腐のような食感が出てくるのも面白い。


©TRIPPING!

小籠包(8個:100元)は、食堂の味を超越した肉汁たっぷりの逸品。肉の旨味をきちんと感じる味わいだが、しつこくないため朝からいくらでも食べられそうだ。黒酢と生姜は、セルフサービスで。


©TRIPPING!


©TRIPPING!

台湾式クレープの蛋餅(ダンピン:30元)もおすすめ。もっちりとした米粉のクレープの具材は、シンプルに卵と青ネギだけ。くるりと折り畳んだクレープを、はさみでカットして皿に載せてくれる。


©TRIPPING!

連日、行列のできる人気店だが、回転は速い。朝は、4時(!)からオープンしてお昼前には閉店してしまうので、朝早く起きて台湾式朝ごはんを堪能しにでかけてみよう。


©TRIPPING!

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

KEYWORD
注目キーワード