TRIPPING! トップ × 南アジア × スリランカ × コロンボ × スリランカの旬をつかむ視点#01 ~観光新興国としてのポテンシャル~
Loading
2014.6.16 10:30
この著者の記事 旅の予習
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スリランカの旬をつかみ、旅を10倍面白くするにはどのような視点が必要か。
1つ目は、「観光新興国としてのポテンシャル」に注目したいと思います。

私自身が渡航を決めた2014年は、日本において『スリランカ元年』と呼べるほど、
テレビや雑誌でスリランカが取り上げられました。
また、このトレンドは日本だけではありません。

観光地として世界中から注目度が急上昇

スクリーンショット 2014-06-04 11.34.27

例えば、
・ニューヨークタイムズ、2010年旅行に行きたい国No.1
・世界で一番売れている旅行本ロンリープラネット、2013年行きたい国No.1
として紹介されています。

この爆発的な人気の理由は何でしょうか。
インド洋の楽園と呼ばれる、この小さな島国の魅力を探っていきましょう。

 

小さな島国で、地球上すべてのアクティビティができる!?

スクリーンショット 2014-06-04 11.30.37

シーギリヤロックと8つの世界遺産、アーユルヴェーダとスパイス料理、熱帯雨林と
サファリツアー、セイロン紅茶と山岳地帯、サーフィンとインド洋のビーチ。
スリランカの観光スポットは、挙げればきりがないほど。

オランダ、イギリスの植民地だったこともあり、
以前からヨーロッパ人の中では観光の穴場、秘境の地として知られていました。

北海道の8割ほどの小さな島で、 地球上すべてのアクティビティができると言っても
過言でないほど豊かな観光資源が存在しています。

 

内戦終結と、政府の観光戦略

スクリーンショット 2014-06-04 11.32.33

ご存知の方も多いでしょうが、スリランカでは約30年間内戦が続いていました。
内戦と同時に観光客は激減。国の経済にもダメージを与えました。

2009年に内戦が終わり、平和の到来で再び息を吹き返したスリランカ。
海外プロモーションやインフラ整備など、政府の積極的な観光戦略により
近年稀に見るほどの、観光立国を果たしつつあります。

サービス品質やインフラ整備において課題は残るものの、
このスピード感は、元々豊かな観光資源をもっていたことも理由の一つでしょう。

 

個人旅行 × テーマのある旅がおすすめ

スクリーンショット 2014-06-04 11.32.09

不思議な魅力を持つこの国への旅は、断然”個人旅行×テーマのある旅”がおすすめ。
パッケージツアーでまわるには、あまりにもったいない国です。
なぜなら、現地の人々の優しさこそ、この国の魅力であり、
偶然の出会いや予想外の場所にこそ、スリランカのリアルが眠っているからです。

よりディープな旅を楽しみたい方は、”テーマを絞る” と良いでしょう。

あれもこれもの薄い旅より、1週間単位で1つとテーマを決めて、どっぷり深い旅を味わうことがおすすめです。

スリランカの旅のテーマや、現地に住んでいるからこそわかる観光の穴場は、
今後、TRIPPINGの記事で紹介していきますので、お楽しみに。

 

facebook facebook facebook facebook

この記事のタグ

旅の予習
  • スリランカの情報を

    都市別にさがす

  • コロンボ
  • コロンボの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅

ジェットスターで行くベトナム旅 前編

新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅
シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業

シームレスな搭乗体験を実現

シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu