TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × タイエンタメ界、2016年はこの人たちに注目!
Loading
2016.1.19 23:53
fuku:バンコク情報誌編集長
この著者の記事 タイエンタメ タイ映画 タイ音楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SoudCream

今回は2016年最初のコラムということで、今年注目したいタイのアーティストや有名人について紹介していきたいと思います。

本文を読む


 

タイを代表する映画監督の作品が日本で一気に上映中! タイ国内未公開作品も
映画監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

AW 01
photograph by Chai Siris

この10年ほどの間にタイの映画界から次々と新しい才能が生まれ、世界各国の国際映画祭に出品・受賞することが当たり前になってきていますが、その第一人者ともいえるのが、このアピチャッポン・ウィーラセタクン。

『ブリスフリー・ユアーズ』(2002年)でカンヌ国際映画祭の「ある視点賞」を受賞してから一気に「国際的映画監督」として注目されるようになった彼は、次々と海外の国際映画祭で高評価を得て、2010年についに『ブンミおじさんの森』でカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)に輝きます。

AW 03
photograph by Nontawat Numbenchapol

まさにタイ随一の映画監督となった彼がなぜ今年注目なのかというと、渋谷の映画館「シアター・イメージフォーラム」で彼の特集「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016」が現在組まれているから。

タイ国内では検閲により上映許可が下りず、いまだ劇場未公開の『世紀の光』を劇場初公開するほか、全劇場長編、中編・短編を一気に公開しています。

さらに今年3月には最新作の『光りの墓』が日本各地の映画館で公開予定。日本のタイ映画ファンからは「2016年はアピチャッポン・イヤー」とも呼ばれているほどです。

■アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016
http://moviola.jp/api2016/woods/index.html

■映画『世紀の光』予告編

■公式サイト
http://www.kickthemachine.com/

 

日本での正式デビューも決定!新世代の国民的スター
俳優:ジェームス・ジラユ

JamesJi_

タイで国民的スターというと、真っ先にバード=トンチャイ・メーキンタイの名前が挙がります。1985年デビューで現在57歳なのですが、今でもトップスターの座に君臨し続けています。コンサートを開催すれば1万人以上入る会場3公演分があっという間に売れ、その客層も小さな子供連れの夫婦から祖父母も交えた大家族、若いカップルなどまさに老若男女に支持されている国民的スターです。

そのバードが長く絶対的スターとして君臨してきたため、それに続く国民的スターがなかなか出てこなかったのですが、バードもそろそろ還暦。ファンからも「バードお爺ちゃん」と呼ばれ始めるようになって、ようやく次世代の国民的スターと目されるスターが出てきました。そのひとりがこのジェームス・ジラユです。

彼は2013年3月開始のTVドラマ『Suparburoot Jutathep』に出演して注目を浴び、同年9月の映画『First Love』に主演して一気にスターの座に上り詰めました。

■映画『First Love』予告編

現在は俳優・歌手・モデルとして活躍していますが、なんと言っても注目なのは、今年の春に日本のユニバーサルミュージックからの正式デビューが決まっていること。つまり日本でも本格的に活動を開始する予定で、ここから泰流に火が点くこともあり得ますね。

現在は、日本の東北6県を回ってその魅力をタイに紹介する旅バラエティー番組「TABI JAPAN with James Jirayu(旅ジャパン ウィズ ジェームス・ジラユ)」に出演中。

これは日本のテレビ朝日が博報堂DYメディアパートナーズと連携して企画と制作を担当し、タイのテレビ局「チャンネル3」が同社のデジタルチャンネル・CH3SDで放送するもの。

1月10日から毎週日曜17時~17時半、全10回の放送予定となっていて、第1回はすでにYoutubeでも公開されています。

■Tabi Japan with James Jirayu

■ジェームス・ジラユ オフィシャルサイト
http://jamesjirayu.com/

 

  • タイの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

やっぱり人気!シュエダゴンパゴダを望むミャンマーのルーフトップバー

「シュエダゴンパゴダに乾杯!」とはいかないものの……

やっぱり人気!シュエダゴンパゴダを望むミャンマーのルーフトップバー
アンコール遺跡観光に役立つ、基本TIPS3つ

個人旅行者必見!

アンコール遺跡観光に役立つ、基本TIPS3つ
ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu