タイ
カルチャー
話題作が日本より早く観られることも!

格安映画館から超豪華VIPシートまで!タイで映画を観る

IMGP7566

話題作が日本より早く観られることも

タイの映画館はシネマコンプレックス形式が一般的で、大きなショッピングセンターの最上階には必ずと言っていいほど豪華なシネコンが入っています。

本文を読む


タイの入場料は非常に安く、一般的なシネコンだと160~220B(576~792円)と、日本の3分の1から半額以下で観ることができます。さらに、サイアムスクエアにある映画館「リド」と「スカラ」、RCAの「ハウス」では昔ながらの値段を守っていて、なんと100B(360円)!
IMGP8719

その一方で、ペアシートやソファーといった贅沢なVIPシートも充実。これは1人600~700B(2160~2520円)で、枕やブランケットが用意されていたり、上映前にラウンジが利用できたり、そこでウェルカム・ドリンクのサービスがあったりします。
IMG_3521

ちなみに、「タイで最も贅沢な映画館」として、総工費1億2000万Bをかけて2014年6月にオープンした「Embassy Diplomat Screens(エンバシー・ディプロマット・スクリーン)」では3人がけのファミリー向けソファーやカップル向けのダブルベッドシートがある上、座席にはスナックを置くテーブル、充電用のUSBソケットがあったり、上映中にスタッフを呼んで飲み物を注文できるなど至れり尽くせり。これで入場料は1人1200B(4320円)から。
IMG_3516

ちょっと高いですが、旅の記念に行ってみるのもいいかもしれません。

 
また、タイで映画を観るメリットとしては、「話題の洋画が日本より早く観られる」ことが挙げられます。日本とタイでの公開日は作品ごとに違いますが、作品によっては数カ月~半年くらい日本より早く公開されます。

たとえば4月22日に世界主要46カ国で公開された『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のタイでの公開日は4月30日、日本では夏休み需要に合わせて公開が遅くなり7月4日公開となっています。(2015年5月5日時点)

※ただし、「世界同時公開」の作品だと時差によって日本が最も早く公開されたりするので一概には言えませんが……。

 

映画を観る時の注意点は?

IMGP7552
1.タイ語吹き替え版に注意!

これは日本でもそうですが、洋画には「英語音声/タイ語字幕」版と「タイ語音声/字幕なし」版の2種類が上映されています。どちらのバージョンかは映画館の上映スケジュールに書かれているので、チケット購入の前にまず確認しましょう。

英語音声の場合は「Original Sound Track」や「E」「EN」、字幕は「Subtitle」「Sub」などで表記されています。

 
2.上映前には起立しよう!
タイでは映画やコンサート、スポーツの試合前に国王賛歌を流し、観客は起立して王室に敬意を払う、という慣習があります。これは法律にも定められていることで、もし起立しないと、外国人であっても不敬罪に問われる可能性があるので気を付けましょう。

■映画館で流れる国王賛歌の例

この映像は国王賛歌制定100周年を記念して作られたもので、これまでのタイ映画史上に残る名作の主人公たちが、それぞれの名シーンの中で国王賛歌を歌い上げています。
国王賛歌の映像は年間を通じて映画館で流れるものなので、どれも作り手の意気込みが感じられて、見比べると面白いですよ。

 
3.防寒対策をして行こう!

タイの映画館はエアコンが効きすぎていることで有名。観客の入り具合によって20~24℃に設定されています。羽織るものを持っていくのがお勧めです。

 
4.上映期間が短い!

一般的な作品は3~4週間程度。タイは日本よりも商業主義が強いため、どの映画館でも集客力のある人気作ばかり上映する傾向にあります。たとえば前述の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』@公開1週目のパラゴン・シネプレックスだと、15ある上映室のうちなんと13室がこの作品で占められている状態です。

その一方で不人気の作品の打ち切りも早く、数日~1週間程度で上映が終了してしまう作品もあります。

絶対に観たい作品は1週目のうちに観に行きましょう。

 

最近ではタイ映画のレベルも上がってきて、国際映画祭で受賞したり、東南アジア各国で公開される作品も増えてきています。ちょっと変わった旅の体験として映画館に足を運んで、日本と違うタイの映画文化を体験してみてはいかがでしょうか?

 
メジャー・シネプレックス系列
www.majorcineplex.com

SFシネマシティ系列
www.sfcinemacity.com

ハウス
www.houserama.com

エーペックス系列(リド・スカラ)
www.apexsiam-square.com

 

(photo & text : fuku)

 
※日本円の表記は、2015年5月5日の為替レートに準じます

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム