TRIPPING! トップ × 南アジア × スリランカ × コロンボ × 満月の日ポヤデーに、白い服を着てお寺にGO!
2014.6.20 19:11
この著者の記事 お参り お祈り ガンガラーマ寺院 シーマ・マラカヤ寺院 ポヤデー ローカル 仏教 参拝 寺院 文化 満月 祝日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実はスリランカは、世界で最も国民の休日が多いと言われる国。

実際に現地で暮らし始めると、「また休み…!?」と、あまりの休みの多さに驚くばかり。一体なぜそんなに休みが多いのでしょうか?

スリランカに祝日が多い理由

556f0afc1fe7ff334bb11d5ce2b99262-680x383
その理由のひとつに、「ポヤデー」と呼ばれる祝日があります。
ポヤデーとは、満月の日のことで、1年間のはじめに政府がポヤデーを決めます。

満月の日はほぼ毎月あるので、それに伴い、祝日もほぼ毎月あるというわけです。
ポヤデーの日には、閉まっているお店も多く、開いているレストランであっても、この日だけはお酒もNG。

ポヤデーの習慣こそが、私が個人的に「最もスリランカらしさを感じる」ことであり、スリランカの文化を理解する第一歩となるはず。

 

自然のリズムで生きる国ならでは!
満月の日=お寺へお参り

スクリーンショット 2014-06-12 9.43.31

 

この日に街の中を歩くと、不思議と「白い服」を着た現地の人々をたくさん見かけるでしょう。なにやらみんなお寺に向かって歩いています。

そう、ポヤデーとは、お寺にお参りに行く大事な日。

仏教徒が8割を占めるこの国では、満月の日に家族総出でお寺へお参りに出かけます。上下真っ白の服が正装とされており、白いサリーを身にまとった女性たちが歩く姿はとても美しく、印象に残る旅の想い出になること間違いなし。

また、日本人のお祈りとは比べものにならない程、とても真剣に祈りを捧げる姿は、自分自身の宗教観を考え直すきっかけにもなります。

皆さんも「お花・お線香・オイルランプ」の3点グッズを持ち、
白い服を来てお祈りに出かけてみてください。

 

スクリーンショット 2014-06-12 9.38.05
▽2014年のポヤデー:スリランカ政府観光局
http://www.srilanka.travel/srilankan_public_holidays

▽外国人でもお参りしやすい仏教のお寺
・ガンガラーマ寺院&シーマ・マラカヤ寺院@コロンボ
http://gangaramaya.com/

・カルタラ ボディヤ@カルタラ
http://www.kalutarabodhiya.org/

スクリーンショット 2014-06-12 9.38.05
スクリーンショット 2014-06-12 9.43.31
スクリーンショット 2014-06-18 10.00.03
556f0afc1fe7ff334bb11d5ce2b99262-680x383
556f0afc1fe7ff334bb11d5ce2b99262-680x383
556f0afc1fe7ff334bb11d5ce2b99262-680x383
556f0afc1fe7ff334bb11d5ce2b99262-680x383
地図・詳細はこちら

ガンガラーマ寺院

URL:http://gangaramaya.com/
住所:Gangaramaya, 61, Sri Jinarathana Road, Colombo 2, Sri Lanka.

mapボタン

facebook facebook facebook facebook
  • スリランカの情報を

    都市別にさがす

  • コロンボ
  • コロンボの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu