TRIPPING! トップ × 日本で楽しむ東南アジア × ASEAN × ベトナム × (東京・大塚)フォーの種類が豊富な専門店「サイゴンフォー」
2016.7.5 12:33
この著者の記事 yuyaの食べ歩き フォー 東京ベトナム料理 東京本格ベトナム料理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

th_IMGP8030著者撮影

「サイゴンフォー」は東京・大塚にあるフォーの専門店。お店は古めかしいビルの地下にあり、結構入りづらい雰囲気を発しているが、エスニック好きにとっては逆に期待が高まるアプローチと言えるのではないだろうか。

本文を読む


th_IMGP8036著者撮影

入るのに躊躇される方が多いかもしれないが、女性の一人客も見かけるので、入ってしまえば問題は無い。

th_IMGP8031著者撮影

 
フォー以外のメニューもあるが、フォーの種類が豊富で、期間限定の珍しいフォーも提供する。

以前訪問し、「フォーガー(鶏肉のフォー)」の美味しさに舌鼓を打ったので、今回も「フォーガー」を頂く事にした。他には、「フォーボー(牛肉)」、「フォーハイサン(海鮮)」、「フォーフェオ(豚肉)」などベーシックなものは網羅。ランチメニューはお得で、生春巻きとサラダが付いてくる。

th_IMGP8023著者撮影

生春巻きは具沢山で丁寧に作られている。

th_IMGP8022著者撮影

フォーガー(鶏肉のフォー)
th_IMGP8030著者撮影

ベースのスープは鶏の旨味が利いており、優しい甘みを持つ。
フォーは硬めの茹で加減。

野菜はもやし、葱、玉ねぎがたっぷりと乗っており、ヘルシーな印象。
全体的に無心ですすってしまう味わいのフォーだ。

前回頂いた時よりもスパイスの香りが弱かった点が気になったが、作られる方によって味が変わる模様。このあたりはお店よりも属人的な要素が強い東南アジア料理ゆえだろう。

大ヒットした時のこちらのフォーは都内でも頂く価値がある。なお化学調味料は使用しているが、嫌味にならない範囲。

夜はベトナム人のお客さんで賑わっており、良い雰囲気であった。

 
サイゴンフォー
・住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-15-6 金文字ビル B1階
・電話:03-3946-4701
・時間:
 -ランチ: 11:00~15:00
 -ディナー: 17:00~22:00(L.O.21:30)

 

著者 : yuya

手料理も愛するタベアルキスト。ハタチの頃からバックパッカー旅行をしており、世界を丸っと食べ歩き。特に東南アジア諸国と中国が大好きで、屋台メシを食べて、現地の市場で調味料や調理器具を買い付けてくるのが旅の楽しみ。日本国内でも、出来る限り現地に近い味わいのお店を探して日々徘徊。

地図・詳細はこちら

サイゴンフォー

営業時間:ランチ: 11:00~15:00  / ディナー: 17:00~22:00(L.O.21:30)
電話番号:03-3946-4701
住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-15-6 金文字ビル B1階

mapボタン

関連記事



関連記事

  • の情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る

タイ王室リゾート「ホアヒン」 前編

タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る
ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート

手つかずの大自然に抱かれる

ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート
2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?

今年の海外旅行どうする!?

2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?
カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪

女性にうれしい効果がいっぱい!

カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪
ホーチミン郊外のソーセージ屋台「Xuc Xich Duc Mr.Dieters」

ドイツ人店主お手製のソーセージ入り!

ホーチミン郊外のソーセージ屋台「Xuc Xich Duc Mr.Dieters」
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu