TRIPPING! トップ × 日本で楽しむ東南アジア × ASEAN × カンボジア × (東京・神楽坂)本格カンボジア料理を味わえる隠れた名店「バイヨン」
Loading
2017.4.6 17:55
この著者の記事 カンボジア料理 本格カンボジア料理 東京カンボジア料理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

首都圏でも数少ないカンボジア料理店。カンボジアを旅した事のある人ならば味が恋しくなり、アンコールに憧れる人はせめて料理だけでも…と興味を抱かれるのではないだろうか。

本文を読む


 
今回ご紹介するお店「バイヨン」は、神楽坂の奥まった場所にあり、現地訪問の有無を問わず多くの人を惹き付ける隠れた名店だ。

店名である「バイヨン」とはアンコールトムの中心にある寺院の名前であり、四面仏塔で有名だ。お店に伺ってみると、入り口に金色の四面仏塔があり、テンションが一気に上がる。インパクト絶大なので、驚かない人はいないかと思う。

著者撮影

更に、お店に入ると奥はまさかの座敷で意外性抜群だ。手前にテーブル席もあるので、テーブルが良い人は予約時に伝えた方が良いかもしれない。ちなみに、結構な人気を誇っているので、予約するか事前に電話を入れた方がベターである。

メニューを開くと、本気のカンボジア料理が並んでいる。エスニック料理店で周辺国の料理が含まれているとのっけからガッカリ感が高まるので、これは嬉しい。何回かに分けて色々頼んだが、肝心の味の方は申し分無く美味しかった。一部ポーションが小さな料理もあったが、複数人で頂けば色々頂ける上に、そこまでの金額にはならないだろう。

 

チュルッ 350円

著者撮影

名前が可愛い一品。実は漬物なのだが、予想以上に美味しい。匂いは発酵感があるものの、食べるとサッパリでピリ辛。妙に癖になる味わいである。

 

ニョアム・ルホン 950円

著者撮影

タイのソムタムのようなパパイヤを用いたサラダ。干し海老、調味料ともに発酵感があるものの、柑橘を巧く用い、酸味で爽やかにまとめている。全体的なバランスと香りに長けたパパイヤサラダだ。

 

チャイヨー 330円

著者撮影

サツマイモの春巻。これは未体験の味わいで、驚く。サツマイモの風味はしっかりしており、食感はしっとり、みっちり。素朴な味わいなのに後を引く味わいで、塩気やシナモン、葱などのバランスが絶妙。

 

ポンモアン・チャン・ソンボック 350円

著者撮影

卵の肉詰めフライ。すぐには出来ないとの事で冒頭に頼んだところ、終盤に登場。これは手が込んでおり、頼んだ甲斐がある。卵と挽肉を用いた揚げ物なんて、美味しくないわけがない。

著者撮影

 

ポーンティア・チアン・トライプロマー 950円

著者撮影

塩魚入オムレツ野菜添え。一見さっぱりしているが、「塩魚」がかなり利いており、発酵好きには嬉しい料理。付け合せのキャベツと頂くとキャベツの甘みが増え、更に美味しくなる。

 

チャー・クダウ 1100円

著者撮影

豚は皮付きを用いており、かなり雄々しい豚の香り。オイスターソースとレモングラスを用い、日本人に親しみ易い味わいに仕上げている。

 

アモック 950円

著者撮影

ココナッツをしっかり利かせた魚のカレー。生姜も効果的に用いているのでココナッツがダレていない。カンボジアを代表する誰もが頼む料理でありながら、ポーションが極めて小さく驚いたものの、味は良い。

 

レモングラス・バーイ・チャー 1000円

著者撮影

カンボジア式炒飯。レモングラスがしっかりと香り、黒胡椒がアクセントに。ベースには玉葱の甘みと調味料の甘みがあり、メリハリのある炒飯。オススメ。

 

クイティウ・チャー 900円

著者撮影

麺は春雨なので、軽やかに頂く事が出来る。シナモンっぽい香りがふんわり感じられ、香ばしい。

 

ラパウ・ソンクチャー 650円

著者撮影

カンボジアを代表するスイーツ。カボチャの甘みを活かしつつココナッツプリンと合わせている。

 
バイヨン
・HP:http://bayon-restaurant.jp/
・住所:東京都新宿区袋町26森田マンション1F
・TEL:03-5261-3534
・時間:11:30~14:30 17:30~22:30
・定休日:月曜日

 

著者 : yuya

手料理も愛するタベアルキスト。ハタチの頃からバックパッカー旅行をしており、世界を丸っと食べ歩き。特に東南アジア諸国と中国が大好きで、屋台メシを食べて、現地の市場で調味料や調理器具を買い付けてくるのが旅の楽しみ。日本国内でも、出来る限り現地に近い味わいのお店を探して日々徘徊。

その他の記事はこちら>

地図・詳細はこちら

バイヨン

URL:http://bayon-restaurant.jp/
営業時間:11:30~14:30 17:30~22:30 ※月曜休み
電話番号:03-5261-3534
住所:東京都新宿区袋町26森田マンション1F

mapボタン

関連記事



関連記事

  • の情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu