TRIPPING! トップ × ASEAN × ベトナム × ダナン × ベトナム中部ダナンで愛される麺料理「ブンチャーカー」
Loading
2015.6.22 17:41
この著者の記事 ブン ブンチャーカー ベトナム屋台 ベトナム料理 ベトナム麺料理 麺料理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P1060277_2
©TRIPPING!

ベトナム中部の港町ダナンで愛されている麺料理といえば「ブンチャーカー」。 Bún=米麺、Chả=焼き、揚げ Cá=魚 という意味を持つ、魚のすり身揚げ(さつま揚げ)がゴロゴロと入った米麺料理だ。

本文を読む


 

地元の人に愛される店「BUN CHA CA BA PHIEN」

P1060267_2
©TRIPPING!

街の中心を流れるハン川の東側、Lê Hồng Phong(レホンポン)通りにある「BUN CHA CA BA PHIEN(ブンチャーカー バーフィエン)」は連日地元の人で賑わう人気店。店内に入ればすぐに大鍋でグツグツと煮えるスープがお目見え。一歩足を踏み入れれば忽ち食欲が湧いてくる。

P1060271_2
©TRIPPING!

 

名物料理、ブンチャーカー

P1060275_2
ブンチャーカー 25,000VND(約140円) ©TRIPPING!

店名にもあるように、一番の名物はブンチャーカー。豚骨、牛骨、更に魚の骨をベースに、トマト、パイナップル、トウモロコシ、カボチャといった野菜や果物を加え、更にダナン近郊で獲れた新鮮な魚を使ったさつま揚げも加わったスープは、コク深くほのかに甘酸っぱい独特の味わい。そこに合わせる麺は、ベトナム麺料理の代表、ブン(米麺)。するすると喉ごしのいい麺に絡むスープが絶妙だ。

P1060268_2

 

付け合わせのトッピングにもチャレンジ

P1060278_2
©TRIPPING!

テーブルの上には、ハーブやレタス、もやし、ライム、とうがらしといったベトナム麺料理の付け合わせとしては王道のトッピングが並ぶが、それに加えて是非チャレンジして欲しいのが、甘酸っぱいピクルスとエビの発酵調味料だ。人参や赤タマネギを甘酢に漬けたピクルスを加えればさわなかな酸味がプラスされ、さっぱりとしたスープを楽しむことができる。漬け野菜のコリコリっとした食感も楽しい。エビの発酵調味料は、スープの味を更に奥深いものに変える。地元の人は、それぞれの好みで、たっぷりトッピングを乗せてブンチャーカーを楽しんでいるので、参考にしてみよう。

 

ブンチャーカーの他にも食べたい逸品

P1060274_2
ブンカートゥー 35,000VND(約200円) ©TRIPPING!

ブンチャーカーの他にも、ブンカートゥー(Bún Cá Thu)も人気メニューのひとつ。Cá Thu=サバ であるため「サバの米麺」となる。なんともユニークな味を想像してしまいそうだが、香り高い魚出汁のスープは、一度味わえば病み付きに。生臭さはなく、こちらもピクルスなどのトッピングとの相性が抜群だ。

P1060270_2
©TRIPPING!

 
お店は、朝6時〜夜10時までオープンしているので、朝食やランチはもちろん、小腹が空いた時に訪れるのもオススメだ。
P1060272_2
©TRIPPING!

 
(photo & text:Ai Tanaka)

地図・詳細はこちら

Bún chả cá Bà Phiến (ブンチャーカー バーフィエン)

URL:http://baphien.com/
営業時間:6:00~22:00
電話番号:(+84)905 102047
住所:63 Lê Hồng Phong , Đà Nẵng

mapボタン

  • ダナンの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu