TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × タイビーチリゾートの老舗、パタヤの歴史
Loading
2017.2.23 14:00
熱帯写真家フォトエッセイ

タイビーチリゾートの老舗、パタヤの歴史

中島貴義:熱帯写真家
この著者の記事 タイリゾート パタヤ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パタヤのウォーキングストリート   著者撮影

プーケットやクラビなど、タイには多くのリゾートがある。数ある中でもパタヤこそリゾート開発の先駆けともいえる。

本文を読む


 
かつては静かな小さな漁村でしかなかったパタヤのリゾート開発が始まったのは今から約50年ほど前のこと。時代はベトナム戦争に遡る。パタヤから車で約1時間ほどの距離にあるウタパオ空港。当時、アメリカ軍がベトナムへの作戦の拠点としてウタパオ空港を使用し、多くのアメリカ兵が駐留していた。その兵士たちの保養地としてパタヤの開発が始まり、アメリカ式のビーチリゾート開発が始まった。

夕暮れ迫るパタヤビーチ   著者撮影

ナイトエンターテイメントの多くもアメリカ人が好むようなものが多く、ゴーゴーバーやカウンター式のバーもそれらのひとつだ。今でこそその影はないが、ベトナム戦争当時、街はアメリカ兵で溢れ、バーでは前線から無事に帰ってきた兵士たちがビールを片手に派手に酔っ払い、ダンサーの女性たちにおひねりを渡していたのだろう。アメリカ兵が撤退した後は、ヨーロッパからの観光客の誘致にも成功し、タイを代表するビーチリゾートへと発展した。

カウンタースタイルのバーも多い   著者撮影

今ではロシアや中国からの団体旅行客で溢れ、街中には中国語やロシア語の看板も目立つ。ナイトエンターテイメントのエリアとして有名なウォーキングストリート。夜になると連日、ガイドに連れられて歩く中国人観光客の姿を目にする。多くの観光客は店に入ることもなく、歩いて通り過ぎてしまうだけだが。

ガイドに引率され夜の街を観光する中国人ツアー客   著者撮影

今ではタイ国内のビーチリゾートの開発が進み、パタヤの魅力も半減してしまったかのようだが、スワンナプーム空港からの直通バスもあり、ビーチこそキレイではないが、タイのビーチリゾートの老舗は今夜も健在だ。

ビーチ沿いのレストランは高めだ他、路地には屋台がある  著者撮影

 
(text & photo : 中島貴義)

 
熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む>

この記事のタグ

タイリゾート パタヤ
  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと

知ればもっと楽しめる!

東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと
「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!

ベストレストランを食べ歩こう!

「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!
バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」

ノスタルジックな雰囲気を味わおう

バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」
近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!

ワイルド&カラフルなダイビングスポット

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu