TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × 海老の火山焼きが大人気!仏教伝来の町「ナコンパトム」へ
Loading
2017.1.25 18:43
Masa:主婦(在住6年目)
この著者の記事 タイローカル人気店 バンコク寺院 バンコク弾丸旅行 バンコク近郊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

バンコクの西にナコンパトムという町があります。旅行者の方にはあまり馴染みのない町だと思いますが、バンコクから車で1時間強でアクセス可能と、バンコクからのワンデイトリップにはおすすめの街なんです。今回はそんなナコンパトムの見どころをご紹介します。

本文を読む


 

在住日本人にも人気!海老の火山焼き

ナコンパトムに行ったらまず外せないのが、ローカル・レストラン「Kung Ob Phu Khao Fai」。日本語のタイ料理店紹介サイトで取り上げられたことを機に、バンコク在住日本人からも人気を集めているお店です。

著者撮影

こちらの名物料理・海老の火山焼きは海老の上に山の形をした特別な鍋を被せて油を注ぎ、大胆に焼き上げる演出を客の前で見せるというもの。火山のように鍋からボワッと炎が立つ様子は迫力満点です!

著者撮影

肝心の海老はというと、味も抜群。身はぷりっぷり、海老味噌がたっぷりで絶品でした。店内の大きな生け簀で育てている海老を使用しているため、いつでも鮮度の高い良質な海老を提供できるのだそうです。

著者撮影

私は海老が大好物なのですが、こちらで食べた海老は本当に絶品だと感じました。海老好きな方にはおすすめのお店です!

—————————
Kung Ob Phu Khao Fai
・住所:885, Petchkasem Road, Tambon Sanam Chan, Amphoe Mueang Nakhon Pathom, Nakhon Pathom
・TEL:(+66) 34-255-041
・営業時間:10:00-22:00

 

世界でもっとも高い仏塔

ナコンパトムの街はインドシナ半島の中で最初に仏教が伝来した街といわれています。そんなナコンパトムに3世紀頃、おそらくモン族によって建てられたといわれているのが仏塔「プラ・パトム・チェーディー」。高さ120mを超えるこちらの仏塔は世界でもっとも高い仏塔なのだそうです。バンコクと違って高い建物が無いナコンパトムの街では遠くからでもこの仏塔が目立っていましたが、近くで見ると迫力満点でした!

著者撮影

この日は年始とあって、多くの人が仏塔を抱える寺院「ワット・プラ・パトム・チェーディー」に参拝に訪れていました。この寺院自体もタイ第一級王室寺院として指定をされており、あの「ワット・ポー」や「ワット・アルン」と並ぶ格式高い寺院なのだそうです。

著者撮影

残念ながら仏塔の中に入ることはできませんが、美しい仏塔は一見の価値あり。ナコンパトムに足を運ばれた際はぜひこの寺院に立ち寄ってみてください。

—————————
ワット・プラ・パトム・チェーディー
・住所:T.Phra Pathom Chedi, Amphoe Mueang, Nakhon Pathom
・開門時間:09:00-16:30

 

ほかにも見どころ多数

今回おすすめスポットを2か所ご紹介しましたが、タイ文化体験が可能なレジャー施設「サンプラン リバーサイド」やノスタルジックな雰囲気を味わうことができる市場「百年市場」など、ナコンパトムにはほかにも見どころがたくさんあります。バンコクから日帰りもしくは1泊で気軽に訪れることができる場所なので、旅行者の方にもおすすめです。ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ホーチミンのローカルな市場5つを周辺の見どころと合わせて紹介!

ベトナム人の生活が垣間見える!

ホーチミンのローカルな市場5つを周辺の見どころと合わせて紹介!
待望のタイ人Jリーガー!タイ代表のスター選手がコンサドーレ札幌に加入

注目のプレーヤーが日タイを繋ぐ

待望のタイ人Jリーガー!タイ代表のスター選手がコンサドーレ札幌に加入
バンコクの地元民が溺愛する「絶品ガイヤーン」食べ比べ

バンコク一旨いガイヤーンを探せ!

バンコクの地元民が溺愛する「絶品ガイヤーン」食べ比べ
リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選

1泊100ドル前後で泊まれる♪

リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選
ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう

最新おしゃれスポットへ

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu