TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × バンコクからぶらり旅 ~ 超ローカルなラヨーンのビーチ ~
Loading
2016.12.22 14:39
中島貴義:熱帯写真家
この著者の記事 タイビーチ バンコク弾丸旅行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夕陽を見ながらのんびりとシーフードとビールを楽しむ   著者撮影

深夜、急に海が見たくなってバイクでぶらりと東へ向かった。チョンブリー県のバンセーンかシーラチャーで朝日を見てビーチで昼寝でもして帰ってこようと考えていた。

本文を読む


 
バンコクを出発して3時間、パタヤ付近で朝日を迎えた   著者撮影

シーラチャーに着いたのは午前5時。朝日にはまだ早いので、まだ、行ったことのないラヨーンまで一気に走ることにした。パタヤ近郊のウタパオ空港付近で夜が明けた。セブンイレブンで一休み。かれこれ3時間以上も走ってきた。さすがにお尻が痛い。ラヨーン市街の渋滞を抜け、サメット島行きの船が出るバンペーに着いたのは8時過ぎ。約250km、5時間の耐久レースだった。

素朴で何も無いラヨーンのビーチ  著者撮影

バンペーから更に東に15分ほど走り、バンガロー風のゲストハウスにチェックイン。ビーチフロントではないが、道路の反対側がビーチで歩けばすぐにビーチにアクセス出来る。エアコン付きで600THB/泊(約1,800円/泊)。一流ホテルだとアーリーチェックイン扱いになりそうだが、ローカルのゲストハウスは「チェックアウトは12時(翌日)」と言われた。24時間以上も滞在可能とは少し得した気分だ。部屋はお世辞にもキレイとはいえないが、バックパッカー経験者なら十分に納得できる。シャワーを浴びて仮眠を取ることにした。

ビーチ沿いの道にはバンガロー風のゲストハウスが並ぶ  著者撮影

午後、ビーチ沿いにある食堂で食事。平日ということもあり他にお客さんの姿は見かけず、ビーチチェアはガラガラだ。ちょっとビーチを独り占めした気分になった。波の音を聞きながらシーフードとビールを飲んでまったりと過ごした。ビーチリゾート派には向かないだろうが、波の音を聞きながらのんびりと過ごすのが好きな人にはいいだろう。

シーフードもタイ風。蟹のサラダ、ヤム・プー・マー  著者撮影

ビーチベッドで昼寝をしたり、読書をしていたら夕方になってしまった。夕陽を楽しみながらビールを一杯。至福の時間。パタヤのような派手なナイトライフも一流のホテルも無い。ちょっと鄙びた感じが漂う。あるのは波の音と素朴なタイ風シーフード。夕陽を肴にビールを一杯。そんな楽しみ方が出来るならオススメかも知れない。

 
(text & photo : 中島貴義)

 
熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む>

 
こちらも合わせてCheck!
バンコクからぶらり旅 〜 ゆるゆるなラン島ステイ

地図・詳細はこちら

ラヨーン

mapボタン

  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu