TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × タイ発!日本上陸を果たした人気店の現地店舗をまとめてご紹介
2016.10.31 09:39
Masa:主婦(在住5年目)
この著者の記事 カオマンガイ バンコクカフェ バンコクタイ料理 バンコクタイ料理レストラン バンコクレストラン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THAI_2108photo:Yurika Kawano

ここ数年、タイから日本に進出を果たす飲食店・ファッションブランドが急増しています。今回は飲食店に絞り、既に日本進出を果たした、もしくは今後進出が予定されているお店をまとめてご紹介していきたいと思います。

本文を読む


 

ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

THAI_2105photo:Yurika Kawano

「ピンクのカオマンガイ」として知られるカオマンガイ(チキンライス)店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」は2014年7月に東京・渋谷に日本1号店を進出し、大きな話題を集めました。その後、川崎にも店舗を出店しています。

バンコクの本店があるのは伊勢丹やセントラル・ワールドからも歩いてすぐの中心部・プラトゥーナムエリア。お店は朝から深夜までたくさんの人で賑わっています。ここ数年は中国や韓国からの観光客にも高い人気を集めており、バンコクで最も有名なカオマンガイ店と言ってもよいのではないかと思います。

THAI_2137photo:Yurika Kawano

THAI_2122photo:Yurika Kawano

こちらのカオマンガイは柔らかい鶏肉と鶏ガラスープで炊き上げたご飯、特製ソースの組み合わせが最高なんです。バンコクに美味しいカオマンガイ店は他にも多数ありますが、「どうせ観光客向けでイマイチなのでは?」なんて先入観は持たず、是非一度は食べてみて頂きたいカオマンガイです。

—————————
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
・住所:960-962 Phetchaburi Rd, Makkasan, Ratchathewi, Bangkok
・TEL:(+66) 84-654-2282
・営業時間:05:30~14:30 17:00~04:00
・HP(日本):http://raan-kaithong-pratunam.jp

 

マンゴツリー

IMG_8402-680x510著者撮影

次にご紹介するのは首都圏を中心に計19店舗を出店しているタイ料理店「マンゴツリー」です。私のおすすめ、伝統的なタイ様式の邸宅を改装して店舗として使用しているスリウォン店をご紹介させて頂きます。

IMG_8403-680x510著者撮影

スリウォン店は賑やかなシーロムエリアのすぐ裏手にあるとは思えないほど、落ち着いた雰囲気に包まれており、在住者の会食利用等にも重宝されています。また、タイらしい雰囲気が味わえるということで、欧米人観光客の人気も非常に高いそうです。

 
こちらのお店ではタイ料理の代表的なメニューがほぼ網羅されているうえ、味付けが全般的に辛さ控えめなので、タイ料理をあまり食べ慣れていない方、辛い料理は苦手という方も安心して楽しむことができます。

IMG_8408パッタイ   著者撮影

パッタイなど日本でもお馴染みのメニューはもちろんのこと、カオ・クルック・カピ(海老味噌を使用したタイ式混ぜご飯)など日本ではあまり味わう機会の少ないメニューも豊富に揃っています。もっといろいろなタイ料理に挑戦してみたい!という方にはおすすめのレストランです。

IMG_8406カオ・クルック・カピ   著者撮影

今回はランチで利用しましたが、夜はロマンティックな雰囲気が味わえるお店です。バンコク旅行中、少し特別な気分でディナーに利用というのもおすすめです。

—————————
マンゴツリー
・住所:37 Soi Tantawan, Surawongse Rd, Bangkok
・TEL:(+66) 2-236-2820
・営業時間:11:30~24:00
・HP(タイ):http://www.mangotreerestaurants.com
・HP(日本):http://mangotree.jp

 

カフェ・アマゾン

次にご紹介するのは、2016年9月に日本進出を発表したばかりのタイのカフェチェーン「カフェ・アマゾン」のご紹介です。

IMG_8167著者撮影

「カフェ・アマゾン」はタイ石油公社(PTT)が運営するコーヒー・チェーン。少し前までは地方のガソリンスタンド敷地内にあるチェーン店という印象が強いお店だったのですが、ここ数年、バンコク都心のショッピングセンター内など、中心部に出店を広げています。つい最近は日本人が多く住むトンローエリアにも出店を果たしました。

IMG_8169-680x510著者撮影

日本出店第1号店は福島県川内村に2016年11月上旬に開店予定だそうです。タイでは広く親しまれた、タイ最大のコーヒーチェーン、日本ではどのような展開を見せるのか目が離せません。

—————————
カフェ・アマゾン
・住所:13/3 Sukhumbit 55, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok (トンロー店)
そのほか、Siam Paragon、Silom Complexといった都心のショッピングセンターに入居しています。
・HP(タイ):http://www.cafe-amazon.com/

 

番外編! Somtum Der

最後にご紹介するのが、シーロム・サラデーン通りにあるタイ料理店「Somtum Der」。店名に「ソムタム」とある通り、青パパイヤを使用したタイのサラダ「ソムタム」を中心に、タイ東北部(イサーン)の料理を提供するお店です。

THAI_2241photo:Yurika Kawano

ニューヨークとホーチミンに出店を果たしているこちらのお店。ニューヨーク店がミシュラン2016年度版で1つ星を獲得したというニュースはタイでも大きな話題となりましたが、今後は東京に出店を計画中とのこと!東京でも大人気のお店になる予感がします。

THAI_2246photo:Yurika Kawano

サコンナコーン県出身のシェフが手掛けるソムタムは本当に絶品。個人的には、バンコクでソムタムを食べたなかではこちらのお店のソムタムがナンバー1だと思っています。

THAI_2253photo:Yurika Kawano

ソムタム以外のメニューもどれも美味しいものばかり。ミシュラン店と聞くと身構えてしまいますが、バンコク店のメニューはどれもリーズナブル。おしゃれでカジュアルな雰囲気のなか、本格的なイサーン料理に是非トライしてみてください。

※2016年10月現在 あくまでも予定となります

—————————
Somtum Der
・住所:5/5 Saladaeng Rd. Silom. Bangrak, Bangkok
・TEL:(+66)2-632-4499
・営業時間:11.00~14.30・16.30~22.30 (last order 22.00)
・HP(タイ):http://somtumder.com

 
今回は日本上陸済・今後上陸予定のお店として、上記の4つのお店をご紹介させて頂きました。タイのお店やブランドが日本進出と聞くと、在住者の1人としてとても嬉しく感じます。

今後もタイの美味しいもの・素敵なものが日本、そして世界に知られていく機会が増えそうで楽しみで仕方ありません。

 

IMG_8167
IMG_8406
IMG_8408
THAI_2108
THAI_2137
THAI_2241
THAI_2246
THAI_2253
THAI_2105
THAI_2122
IMG_8402-680x510
IMG_8403-680x510
IMG_8169-680x510
  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu