TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × プラナカン建築のフォトジェニックな世界を覗いてみよう!
Loading
2017.1.15 15:28
YUKO:会社員(在住6年目)
この著者の記事 シンガポール観光 プラナカン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

シンガポールのフォトジェニックなスポットとして知られているプラナカン建築のショップハウスが立ち並ぶエリア。島内にもプラナカン建築が集まるエリアは数カ所ありますが、今回は定番のカトンエリアをご紹介してきます。

本文を読む


 

1. ショップハウスとは??

著者撮影

名前の通り、ショップ=店舗、ハウス=住居でわかれている建物のことを言います。1階部分が店舗や事務所、2階部分が住居になっていますが、このエリアは1階部分も住居として使われているショップハウスが多いと聞きます。

 

2.プラナカンとは??

プラナカンという言葉に馴染みのない方も多いかもしれません。この機会に実際にプラナカンの方にお話を聞きに伺いました。すると、とてもわかりやすい説明をいただけました。その方によると驚いたことに日本人もプラナカンになりうるそうです。というのも、マレー語で「国際結婚によって生まれた子供たち」のことをプラナカンというそうです。マレー半島で東洋と西洋の交易が盛んだった頃にそれぞれの文化が融合されると同時に、インド人、マレーシア人、中国人などもシンガポールに移り住み、現地の女性と国際結婚。のちにプラナカンと呼ばれる子供たちが生まれます。ほとんどのプラナカンはシンガポールで生まれ育っているそうですが、マレーシアのペナンやマラッカにもいらっしゃるそう。そして、当時プラナカンと呼ばれる方はとても裕福で様々な国の化を取り入れ、それが今回ご紹介するプラナカン建築にも凝縮されています。

 

3.プラナカン建築のショップハウスとは??

プラナカン建築が集まるカトンエリアのJoo Chiat Road近辺、Koon Seng Road近辺はガイドブックなどでもよく取り上げれる場所です。

著者撮影

いくつかの家が連なり合うカラフルな建築のこの光景、一度は目にされたことがある方が多いのではないでしょうか。カラフルで可愛らしいらしい装飾が施されています。
様々な柄の彩り鮮やかなプラナカンタイルもエントランス部分に使用されています。

著者撮影

著者撮影

門には、シーサーや象などが飾られているお宅もあります。

著者撮影

この通りからしばらく歩くとクリーム色を基調にした建築もあります。

著者撮影

著者撮影

外装にプラナカンタイルが使用されています。

著者撮影

著者撮影

通りにもプラナカンタイルが埋め込まれています。

著者撮影

 

4. 番外編

またプラナカン建築とはことなりますが、世界で活躍する壁画アーティストの作品がこの通りにあります。

著者撮影

壁画で有名なマレーシアペナン島ジョージタウンをベースに世界で活躍するリトアニア出身の壁画アーティスト ERNEST ZACHAREVIC氏による”STYLE WARS”という作品。2013年に描かれています。

著者撮影

目印は先ほどの通りの看板とこちらの公園。

著者撮影

著者撮影

他にもシンガポール島内に数か所同氏により描かれた壁画がありますので、探してみてください。

 

5. アクセスやアドバイス

初めての方にも比較的わかりやすいのは、Joo Chiat RoadとEast Coast Roadの交差点にあるショッピングモール「112 KATONG」。ここをスタート地点として、再びここに戻れば最寄り駅までのバスやタクシーも比較的利用しやすいです。ただ土地勘がないとこのエリアの散策はなかなか難しいと感じることも多いかと思います。というのも、プラナカン建築が立ち並ぶのはある一部分で、こじんまりとしたプラナカン建築が様々な場所に点在しています。また実際に住んでらっしゃる方のご迷惑にならないように散策したいもの。

もし炎天下の中で散策する場合は、先に休憩場所を確認してからの散策をお勧めします。ちょっとした飲食店はありますが、休憩できるカフェなどはEast Coast Roadエリアに集中してます。East Coast Roadエリアから離れると、カフェなどは一気に減りますので、暑い中長距離を歩くのは少々大変かと思います。ある程度、下調べをして計画してから散策に出かけることをお勧めします。

 
こちらも合わせてCheck!
プラナカンのニョニャスイーツカフェとタイルギャラリーへ行ってみよう!
プラナカン建築周辺のショップを覗いてみよう!

地図・詳細はこちら

Joo Chiat RoadとEast Coast Roadの交差点にあるショッピングモール「112 KATONG」

mapボタン

  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu