TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × ムスリム女性の必需品!ヒジャブの世界をのぞいてみよう
Loading
2016.12.14 18:35
YUKO:会社員(在住6年目)
この著者の記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5095著者撮影

以前ご紹介したアバヤと並び、ムスリム(イスラム教徒)女性の必需品となるヒジャブ。
ヒジャブという呼び名は知らずとも、皆さん必ず目にしたことがあるはず。

本文を読む


 
ヒジャブとは、ムスリム女性が頭を覆う布のことを言います。

今回はシンガポールのアラブストリートにあるヒジャブ専門店「KASHKHA」からヒジャブの世界をお届けいたします。

 

ヒジャブ専門店「KASHKHA」

IMG_5097著者撮影

KASHKHAはドバイに本店を持つオシャレでスタイリッシュなムスリム女性の強い味方!そしてカタールを始め、オマーン、フランス、マレーシア、インドネシア、そしてシンガポールと海外にも展開しています。

店名のKASHKHAとは、アラビア語で「美しい」を意味するとのこと。その名の通り、店内にはカラフルで素敵なデザインのヒジャブが並んでいます。細かい分類としては、長さや形により呼び方が変わるようですが、お店の方に伺ったところ全てヒジャブと呼んでいました。

IMG_5065著者撮影

ムスリム女性のイメージというと、全身真っ黒のアバヤに真っ黒ヒジャブというイメージを持っている方も多いかと思いますが、今やアバヤもヒジャブもムスリム女性にとってはファッションそのもの。シンガポールのムスリム女性は本当にオシャレに目がないです。

ヒジャブとして使わなくても、ストールとして使えるタイプのものもあり、観光客がよくお土産として購入していくそう。

素材もさまざま。

IMG_6978著者撮影

またヒジャブ用のアクセサリーも様々なデザインがありその日の気分でファッションを楽しめます。

IMG_5061著者撮影

IMG_5063著者撮影

意外にもヒジャブの巻き方は結構難しいらしく、そんな方にも人気なのがインスタントヒジャブだとか。

IMG_5089著者撮影

IMG_5090著者撮影

頭にすっぽり入るように縫い付けてあるので簡単に上手に巻けるとのこと。彩りも綺麗です。

 

美しい民族衣装もずらり!

バカンスに向いてそうなこちらのカフタンも並んでいます。

IMG_6980著者撮影

長さもいろいろあり、パンツと合わせても素敵です。

他にも様々なタイプの民族衣装があります。

IMG_5068著者撮影

IMG_5070 (1)著者撮影

IMG_6975著者撮影

色彩も鮮やかで、刺繍やビーズもひとつひとつ丁寧に手作業で仕上げているそう。

IMG_6976著者撮影

近くでみると美しさがよりわかります。

IMG_6977著者撮影

この機会にイスラム文化に触れてみるのも新たな発見があるかもしれません。素敵なデザインが多いお店なのでご興味のある方は是非行ってみてください。

 

地図・詳細はこちら

KASHKHA

URL:http://blog.kashkha.com/
住所:65 Arab street

mapボタン

この記事のタグ

  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る

タイ王室リゾート「ホアヒン」 前編

タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る
ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート

手つかずの大自然に抱かれる

ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート
2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?

今年の海外旅行どうする!?

2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?
カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪

女性にうれしい効果がいっぱい!

カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪
ホーチミン郊外のソーセージ屋台「Xuc Xich Duc Mr.Dieters」

ドイツ人店主お手製のソーセージ入り!

ホーチミン郊外のソーセージ屋台「Xuc Xich Duc Mr.Dieters」
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu