TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × 一度食べたら病み付き!シンガポールの人気ローカル食「ローミー」とは?
Loading
2016.9.18 20:36
YUKO:会社員(在住6年目)
この著者の記事 シンガポールローカルフード シンガポールローカル人気店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3609著者撮影

日本人にもシンガポーリアンにも人気のあるローカルフードはたくさんありますが、チキンライスやラクサ、カヤトーストほどは脚光をあびなくても、根強い人気を常にキープし続けているのが「ローミー」です。

本文を読む


 
わかりやすく例えるなら酸辣湯麺のような、とろみのある酸っぱ辛い麺料理のローミー。酸辣湯麺が好きな方はハマる確率大です。イエローの平麺に、八角などのスパイスが効いた濃いめのとろみのあるスープ。そして、具はカットした豚バラ煮込み、煮卵、かまぼこや白身魚(通常、サワラ)のフレークやフライ、ノーヒャン(ngoh hiang)という挽肉とエビなどを湯葉に包んで油であげた湯葉巻きが一般的。そこに、黒酢、チリ、ガーリックを入れるのはマスト。

ローカルの人たちは朝からこのグレービー麺を食べに人気のストールに集まります。朝からピーク時以降も、継続して待ち時間が発生することが予想されるローミー。ローミーのストールはシンガポール島内にたくさんありますが、今回は筆者が訪れたストールのうち、実際に待ち時間が長い順にご紹介していきます。ローミーシリーズ第一弾は下記の3店をご紹介します。

 

1. 新美香卤面 (Xin Mei Xiang Lor Mee)

IMG_3605著者撮影

ダントツの待ち時間は、「Old Airport Road Food Centre」内にあるローミー有名店。基本的には木曜日が定休日ですが、あまり定まっていない不定休でもあります。それゆえ、多少の待ち時間は苦にならないはず。休みの情報はFacebookでまめに載せています。

IMG_3604著者撮影

待ち時間は、平均30分近く。並んでる時にオーダー取りに来てくれて、自分の順番がきたら何も言わず出てきます。テイクアウトで大量に買っていく人もよく見かけます。売り切れたらクローズで、通常2時くらいには閉まります。

サイズ、金額はこちら。
IMG_3608著者撮影

味はやはり人気店だけあって、絶妙なバランス。フライはなく、あっさりしながらもしっかりとした味のスープが美味しいです。とろみのもとは、でんぷんと卵で、そこに秘伝のスパイスと共に5時間近くかけたものだとか。そこに手でほぐしたサワラ、煮卵、豚バラ肉、セロリの葉が乗っています。麺は、イエローの平麺以外に、平たいライスヌードルのクイティオや、ビーフンなども選べます。

IMG_3609著者撮影

レンゲには、黒酢とスパイス味噌。チリもたっぷり。

IMG_3611著者撮影

IMG_3613著者撮影

時々、近くにあるPayah Lebar Air baseへ飛ぶ軍用機の凄まじい轟音がしますが、これもこの場所ならでは!CIRCLE LINEのDAKOTA駅から約10分弱で見えてくるこちらの中にあります。

IMG_4592著者撮影

IMG_3601著者撮影

——————————
新美香卤面 (Xin Mei Xiang Lor Mee)
・住所: 51 Old Airport Road #01-116
・定休日: 基本木曜日
・営業時間:8:30頃〜14:00頃(売り切れ次第終了)

 

2. 源春驰名卤面(Yuan Chun Famous Lor Mee)

IMG_1232著者撮影

オフィス街近くに位置する「Amoy Street Food Center」。この界隈はランチ難民になるビジネスマンも多く、様々なストールが11:30頃から15時すぎまで比較的長い間混み続けます。

その中でも名前からして「有名」とうたっているだけあり、とっても有名なローミー屋がこちら。

IMG_0931著者撮影

色は濃い目で、比較的量は少なめな気がします。どろっとしたスープに麺がよく絡まります。白身魚のフライと豚バラ肉、もやしがスープの中から顔をだします。そして、レンゲにはやはり黒酢とチリ。

IMG_0964著者撮影

定休日は下記の通り。

IMG_1196著者撮影

金額はこちら。

IMG_1198著者撮影

DOWNTOWN LINEのTELOK AYER駅、または、EAST WEST LINEのTANJONG PAGER駅から徒歩5分ほどです。

IMG_1239著者撮影

IMG_1186著者撮影

——————————
源春驰名卤面(Yuan Chun Famous Lor Mee)
・住所: 7 Maxwell Road ,#02-79/80 Amoy Street Food Center
・定休日:木曜日、金曜日
・時間: 8:30時頃〜売り切れ次第終了

 

3. 美香虾面·卤面(MEI XIANG PROWN NOODLEAND LOR MEE)

IMG_4593著者撮影

こちらもBedok界隈では人気のローミーストール。おじさんがチャキチャキと要領よく動いていて、時々冗談交じりに笑わせてくれます。

IMG_4595著者撮影

こちらの白身魚はフライタイプでスープの中から出てきます。どろっとしてたっぷりのとろみですが、比較的味さっぱり。

IMG_4597著者撮影

IMG_4599著者撮影

ちなみに、テイクアウトはこんな感じです。

IMG_0591著者撮影

このストールに限ったことではないですが(先程の新美香卤面も同様)、テイクアウトは麺が伸びないようにスープと麺を別々にして持ち帰れるようにしてくれるストールが多いです。なかなか嬉しい配慮ですね。

場所は、EAST WEST LINEのBEDOK駅からすぐ。

IMG_1991著者撮影

IMG_1990著者撮影

——————————

美香虾面·卤面(MEI XIANG PROWN NOODLEAND LOR MEE)

・住所: 208B New Upper Changi Road, Bedok Interchange Food Centre #01-10
・時間:8:30頃〜売り切れ次第終了

 
以上、第一弾でした。

第二弾はこちら>

 
こちらも合わせてCheck!
第二弾:シンガポールの人気ローカル食「ローミー」の行列ができる人気店!

関連記事



  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと

知ればもっと楽しめる!

東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと
「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!

ベストレストランを食べ歩こう!

「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!
バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」

ノスタルジックな雰囲気を味わおう

バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」
近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!

ワイルド&カラフルなダイビングスポット

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu