TRIPPING! トップ × ASEAN × フィリピン × マニラ × おしゃれは足元から!30分ネイルスパのすすめ
2014.3.24 15:15
この著者の記事 Greenbelt ネイル ネイルスパ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NY発のネイルサロン「DASHING DIVA」

今回は日本にも沢山支店があるネイルサロンを紹介します!

このサロンのお勧めポイントは、ネイルスパが30分とスピーディーで技術的にも設備的にも日本等の先進国レベルの仕上がりに近いところです!

まずは、フットバスに入ってネイルを落とし爪の形を整え、膝から下のスクラブとマッサージをしてもらってペディキュアです。お好きなポリッシュを選んで下さい

20140322_142656-e1395475195184-680x906

私は持ち込みのデザインに挑戦することが多く、
ボルドーとシルバーベースのマルチカラーグリッターのハーフフレンチに雫形のラインストーンを付けてみました。

DASHING DIVA は日本にも沢山ありますし、取扱いカラーも日本と同じようなシックな色もあったり、今までマニラでしたネイルのなかでも、発色や艶は一番だと思います!

ポリッシュだけどジェルっぽいような仕上がりでした。

ネイリストさんもベテランさんばかりだったから腕が良いのかもしれないけど
道具やタオルも清潔ですし、ネイルを乾かすカウンターもあってしっかり乾かせるのも良かったです。

(席を移動するのですが、ビーチサンダルを履かせてもらってゆっくりカウンターまで摺り足で)

日本の半分以下のプライスが嬉しい

料金は、スクラブ、マッサージ、ペディキュアで450ペソ。

私はそれにアートとストーンをつけたので750ペソでした。

日本の料金に比べ半分以下です。

そして、施術が30分というのが、他のフィリピンのサロンの半分の時間で、乾くのも速いので時間が無いときには本当に助かります。

ちなみに、ペディキュアのコースは700ペソとか1000ペソのコースもあります
おそらく殆んどの方がこちらのコースを受けていました

美顔器のような物で足のマッサージ、パラフィンパック等 スペシャルケアをされていました。

遠目でも膝から下がつるつるになられているのが解りました!

次は私も挑戦してみたいと思います!

お店は、Greenbelt5の2階の BeautyBar の奥にあります

20140322_142619-e1395475287492-680x906

20140322_142656
20140322_142619
20140322_142656-e1395475195184-680x906
20140322_142619-e1395475287492-680x906
地図・詳細はこちら

DASHING DIVA(ダッシングディバ)

URL:http://www.dashingdiva.com/
営業時間:11:00~21:00
電話番号:(+63) 2-757-5028
住所:2nd Level, Inside Beauty Bar, Greenbelt 5, Legazpi St., Ayala Center, Makati, Metro Manila, PH

スパ&ペディキュア 450ペソより
Green balt5 2階「Beauty bar」の奥

mapボタン

facebook facebook facebook facebook

この記事のタグ

Greenbelt ネイル ネイルスパ
  • マニラの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu