TRIPPING! トップ × ASEAN × ミャンマー × 極上空間で最高のバカンスを!ミャンマーの素敵ホテル5軒+α × ページ2
Loading
2016.12.25 10:54
板坂 真季:編集者&ライター
この著者の記事 ミャンマーホテル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マリカ・ロッジ:山脈と竹林と渓流の癒しリゾート

まさに「自然に抱かれて」なロケーション  写真提供:Malikha LODGE

プータオはカチン族が多く住むカチン州の観光地。ヒマラヤ山脈に連なる高い山々を仰ぎ見ながら、ラフティングやトレッキングが楽しめるミャンマー最北の自然派リゾートです。そんなプータオの渓谷に佇むのが、アマンリゾートを多く設計している建築家がデザインしたマリカ・ロッジ。

竹林に囲まれたバンガロー  写真提供:Malikha LODGE

渓流を望むテラスで過ごす夕べはまさに至福の時。このホテルのためだけに北の果てまで行く価値は十分あると言えるほどです。

————
Malikha LODGE
http://www.malikhalodge.net

 

ンガパリベイ・ヴィラズ&スパ:緑あふれるビーチリゾート

重厚だが明るい色目の木製家具を多用   著者撮影

ミャンマー随一の青い海と白い砂浜が美しいンガパリビーチ。このビーチのホテルは、どこも客室数を抑えたブティックスタイルですが、中でもンガパリ・ヴィラズ&スパは全32室の少数精鋭(?)のヴィラホテル。

小ぢんまりしているが落ち着くプール   著者撮影

樹木の壁が各棟を囲み、プライベート感たっぷり。プール付きヴィラも多いですが、敷地中ほどのミニプールは、緑のトンネルの向こうに水平線が垣間見えるロマンチックな立地です。

————
Ngapali Bay Villas & Spa
http://ngapalibay.com/

 
最後にひとつ、毛色の違うホテルをご紹介しましょう。

ミャンマー・ビューティーハウスⅡ:バックパッカー御用達リゾート

町外れなのでとっても静か   著者撮影

タウングーは、ミャンマーでも知る人ぞ知るマニアックな観光地ですが、バックパッカーにはミャンマービューティーハウスⅡがある街として知られています。狭いけれども手入れが行き届いた客室、もぎたてフルーツたっぷりの豪華朝食、広い共用テラスなど、20$代からという室料が申し訳なくなるほどの良コスパぶり。

これでもか!というほどお皿が並ぶボリューム満点の朝食   著者撮影

旅人たちがついつい長居してしまうことで有名です。ⅠやⅢは普通のゲストハウスなのでお間違えなく。

————-
Myanmar Beauty House Ⅱ
https://www.facebook.com/Myanmar-Beauty-148003688617493

 
(text & photo : 板坂 真季)

 
隅から隅まで!魅惑のミャンマー探検
他の記事を読む>

facebook facebook facebook facebook

この記事のタグ

ミャンマーホテル
  • ミャンマーの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu