TRIPPING! トップ × ASEAN × マレーシア × クアラルンプール × クアラルンプールのステイ先にコンドミニアムを選ぶわけ
2015.1.27 16:01
この著者の記事 airbnb Airbnb(エアビーアンドビー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Downtown of Kuala Lumpur in KLCC district
近代的な高層ビルがそびえ立ち経済発展著しいマレーシアの首都「クアラルンプール」。続々と開発プロジェクトが始動し世界中からビジネスマンが集まる大都市だ。日本からもビジネスで訪れる人も多い。

本文を読む


そこで、クアラルンプールへの出張時に宿泊先の1つとして、現地の人が暮らすコンドミニアムに滞在するスタイルを提案!まるで現地に暮らしているかのような体験ができるため、市場調査の一環としても貴重な体験になること間違いない。いつもの滞在よりも予算を押さえることができる場合が多い上に、2泊、3泊といった短期滞在も1ヶ月以上の長期滞在も可能で、長期滞在時には宿泊料金が割引になる物件もあるので要チェックだ。(※物件によっては宿泊日数が限られている場合もございます)

 

今回は、空き部屋などの宿泊場所の提供者と、宿泊場所を探している旅行者を個人間で繋ぐWebサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」の中から、出張時に便利なクアラルンプールの宿泊場所をピックアップ!ターゲットは、クアラルンプールのシンボル「ペトロナスツインタワー」が徒歩圏内のビジネス街「KLCC」周辺に建つコンドミニアム。アクセス抜群であることに加え、常にクアラルンプールの経済成長の現場をリアルに感じることもできる。近くには、都会のオアシス「KLCC公園」があり、1週1.4kmの遊歩道をジョギングしてから仕事にでかけるのもおすすめだ。

 

コンドミニアムを出張利用で使う嬉しいポイント

物件の紹介の前に、コンドミニアムに滞在する嬉しいポイントを紹介!

1. 長期滞在も問題なし!充実の生活用品
基本的に、現地で暮らす人のための物件であるため、生活に必要なものは揃っている。特に注目は洗濯機が備わっていること。長期の出張の場合、洗濯を好きな時に好きなだけできることは嬉しいポイントだ。キッチン家電や調理器具も一通り揃っていることが多いので、現地のスーパーマーケットで買い物をして調理することも可能。
005

 

2. 贅沢な共有施設
多くのコンドミニアムには、住民専用のプールやジャグジー、ジムが備わっている。自由に利用することができるので、カラダのメンテナンスも叶う!
007

 

3. ゴージャスな眺め
物件の階数にもよるが、高層階の場合美しい眺望も期待できる。もし低層階の物件でも、共有施設(プールやラウンジ)は高層階に位置する事があるため、1日の締めくくりとして美しい夜景を眺める楽しみも!
006

 

4. ホストの思いやり
Airbnbのホストの中には、ゲストの滞在を快適にするために、飲み物や果物などの軽食、地図やガイドブックを用意してくれる人も。温かい思いやりを感じることができる。
008

※全てのコンドミニアムが上記の通りとは限りません。

004
002
001
003
004
001
003
002
004
001
002
001
003
005
007
006
008
image51-680x510
{$prepend}
Downtown of Kuala Lumpur in KLCC district
{$caption}{$append}
001
002
地図・詳細はこちら

Airbnb(エアビーアンドビー)

URL:https://www.airbnb.jp/business-travel-management

mapボタン

  • クアラルンプールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu