TRIPPING! トップ × ASEAN × マレーシア × コタキナバル × テングザルを探しに行こう!ボルネオ島「リバーサファリ」
Loading
2015.9.20 13:10
ボルネオ島コタキナバル おすすめツアーvol.2

テングザルを探しに行こう!ボルネオ島「リバーサファリ」

この著者の記事 H.I.S. ボルネオ島コタキナバル特集 ボルネオ島ツアー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6_

ボルネオ島コタキナバルを訪れたTRIPPING!編集部による、現地ツアーの体験記。珊瑚礁に囲まれたサピ島を訪れるツアーをご紹介した“第一弾”に続き、第二弾ではボルネオ島に暮らす動物に会いに行く「リバーサファリ」をお届け!

本文を読む


 

マングローブが生い茂るジャングルへ

1_
川岸には何台ものボートがスタンバイ

ランチを終えてからホテルを出発して車で約2時間。マングローブが生い茂る川に到着!青々しいジャングルの風景に、鳥や動物、虫たちの鳴き声も相まって、冒険前のムードは最高潮。マレーシアの伝統菓子とお茶で一休みしたら、いざボートに乗船だ!

2_
ボートが走り出すと気分も高まる

まるでディズニーランドのジャングルクルーズを彷彿とさせるリバーサファリだが、ここはあくまでもリアルな世界!私たちがこのアドベンチャーで探すのは、ボルネオ島固有の猿「テングザル」をはじめとした野生の動物や、サイチョウなどの鳥たち。時には、大トカゲも表れて堂々たる姿を見せてくれる。

今回は幸運にも、出発から5分もたたないうちに、テングザルの群れに遭遇!一匹のオスが複数のメスを従えることで群れをなしているテングザルだが、ひとつの群れが川をジャンプして越える場面に出くわしたのだ。木々のほぼてっぺんに連なるテングザルたち。どうやら木の上から対岸の木に飛び移ろうとしている様子。中々のアクロバティックな作戦ではあるが、距離の読みが外れたのか、つぎつぎと川に落ちて行くテングザルたち……。そんなサプライズにツアー参加者もエキサイトした瞬間だった。

3_
カニクイザル

テングザルの他にも、長いしっぽで蟹を獲って食べることから名付けられた「カニクイザル」や、まるで元サッカー選手のベッカム氏のような髪型をしていることから通称「ベッカムザル」と呼ばれる「シルバーリーフモンキー」など、涼しい夕方になってから食糧を求めて活動をし始める彼らに出会うことができた。

 

熱帯ジャングルに沈む夕日

4_
夕方のクルーズはなんとも情緒的

リバークルーズを始めて1時間もすると、あたりはたちまち夕日色に染まる。ジャングルの向こうに沈みゆく夕日とオレンジ色に染まる水面を眺めていると、自然の偉大さを感じられずにはいられない。絶好のサンセットポイントで美しい風景を心に焼き付けたら、約1時間半に及ぶリバークルーズも終盤。ボートは帰路につく。その道すがら、床に入るテングザルに出くわすことも。「床」といってもテングザルにとっては木の上。天敵から身を守るためだそうだ。長いしっぽでバランスをとりながら、丸まって寝ている姿はなんとも可愛らしい。

 

関連記事



関連記事

  • コタキナバルの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu