TRIPPING! トップ × ASEAN × マレーシア × 女子旅にマレーシアをオススメしたい理由
Loading
2017.1.4 11:27
美しいビーチリゾートを旅しよう

女子旅にマレーシアをオススメしたい理由

古関 千恵子:ビーチライター
この著者の記事 マレーシアリゾート マレーシアリゾートホテル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レダン島のリゾート 「ザ・ターラス」の高台に立つホテルウィングから見下ろしたテロッ・ダラム  著者撮影

マレーシアにはバリ島やタイのような強烈なインパクトはないものの、実は個性的なビーチが、たくさんあります。ビーチの美しさのみならず、ショッピングやリゾートライフなど、陸のお楽しみも大充実。今回は旅の目的別におすすめビーチをピックアップしていきましょう。


 

かわいいプラナカン雑貨探しにマラッカへ

奥に長く伸びる建築様式の“ショップハウス”が連なるマラッカ  著者撮影

ビーチというか、港町ではありますが、美しい “プラナカン文化”が花開く世界遺産の古都マラッカは、心を鷲掴みにするシーンに溢れています。
プラナカン文化とは、おもに中国の福建省からやってきた移民の男性と、地元の女性の間に生まれたハーフの子孫たちによって育まれたもの。セレブな暮らしの中から生まれた文化は、華やかで芸術性が高く、そのジャンルは食・工芸・建築など、多岐にわたっています。

1ミリに満たないビーズを刺繍した、プラナカンのシューズ。履くのがもったいないくらい   著者撮影

化粧漆喰の美しいショップハウスが続くジョンカーストリートは、まるでタイムトリップしたよう。1ミリ以下のビーズを縫い付けた精緻な刺繍のシューズ、キッチュな色彩のセラミックやタイルを入手できるアンティークショップなど、どれも自分土産にしたくなります。

地元食材を中華のテクニックで仕上げたニョニャ料理はおいしいだけでなく、見た目もきれい。一口で食べてしまえる小さな料理さえ、手間と時間がたっぷりとかけられています。

ジョンカーストリートの入口にあるチキンライスの有名店。ボール状のライスが特徴   著者撮影

また、ジョンカーストリートの入口にある、チキンライスの食堂は、実は隠れた名店。労働者向けにポイッと口に放り込める形のボール状のライスが特徴で、チキンもジューシー。行列が絶えない店ですが、待つ甲斐アリです。

 

カフェ文化とアートを楽しむペナン島

街の中にアートが溶け込んでいるペナン島。作品を探して歩くのも、楽しみ。  写真提供:マレーシア政府観光局

マレー半島の西側に浮かび、橋で本土と結ばれているペナン島。中心地のジョージタウンは2008年、マラッカと共に世界文化遺産に登録されました。18世紀に東インド会社の拠点として栄え、英国植民地としての歴史ももつジョージタウン。コロニアル調のカラフルな建物が連なり、街歩きだけでも楽しいけれど、ここ数年は歴史的な建物を改装したおしゃれなカフェや雑貨店が増加中です。

加えて2012年からスタートした“ミラーズジョージタウン”プロジェクトによって、壁やシャッターなど街のあちこちにストリートアートが出現。街を歩きながら、見上げたり、しゃがんだりしながら、作品探しをする楽しみも。

島の北部にある、ペナン島随一のビーチリゾート、バツーフェリンギ 写真提供:マレーシア政府観光局

ペナン島のビーチは北部に位置するバツーフェリンギ。各種マリンスポーツが楽しめ、リゾートホテルも充実しています。

 

大人のリゾートライフを満喫できるランカウイ島

豊かな自然に包まれたリゾートライフが過ごせるランカウイ島  著者撮影

ペナン同様、マレー半島の西側のアンダマン海に浮かぶランカウイ群島。99の島々からなり、その中心的存在の島がランカウイ島です。

“第2のペナン”を合言葉に1980年後半からリゾート開発がスタートしたものの、手を加えるのは島の35%までという条件付き。そのため、美しい自然がたっぷりと残されています。ちなみに、ユネスコが定める地質学的に貴重な地域“世界ジオパーク”もあります。

2016年4月にオープンしたセントレジス・ランカウイは、ランカウイ島にとって約10年ぶりの世界ランクのホテルの登場   写真提供:セントレジス・ランカウイ

そんな豊かな自然に抱かれつつ、優雅なリゾートライフが送れるのが、この島の魅力。中でも北部のダタイビーチにある「ザ・ダタイ」や「アンダマン、ラグジュアリーコレクションリゾート」、そして「フォーシーズンズ ランカウイ」や「タンジュン ルー リゾート」などがおすすめ。そして2016年4月、南部に「セントレジス・ランカウイ」が登場。約10年ぶりの世界ランクのホテルの登場に、リゾーターの耳目が集まっています。

—————
セントレジス・ランカウイ
http://www.stregislangkawi.com/

 

美しいビーチが待つ穴場のレダン島

マレー半島の東側はマレーシアの海洋保護区の3分の2を占め、透明度の高い海と、真っ白なビーチを持つ島々が多いのが特徴です。そのうち上質なリゾートで知られるのがレダン島。

モルディブ、セイシェル、タヒチ……。“楽園”と呼ばれる世界のあらゆるビーチに例えたくなるレダン島  著者撮影

メインビーチは島の東側のパシール・パンジャンですが、オススメは「ザ・ターラス」が一軒のみ佇む、北部のテロッ・ダラム。このリゾートホテルのゲストのみで、美ビーチを満喫できます。

—————
ザ・ターラス
http://www.thetaaras.com/

 
(text : 古関 千恵子)

 
ビーチ&リゾートコラム「アジアンビーチ☆マニア」
その他の記事はこちら>

facebook facebook facebook facebook
  • マレーシアの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu