TRIPPING! トップ × ASEAN × インドネシア × ジャカルタ × 真っ青な海!ジャカルタから行くプロウスリブ・プトゥリ島へ
Loading
2017.6.7 09:54
この著者の記事 インドネシアリゾート ジャカルタ日帰り旅行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

ジャカルタから船で1時間ほど足を伸ばすと、ジャカルタでは考えられないほど美しい海が広がる離島へ行くことが出来るんです。とても気軽に行ける場所にある島なので、日帰りや週末の1泊2日の小旅行にとてもおすすめです。

本文を読む


 

プロウスリブって?

著者撮影

「プロウスリブ」とは、インドネシア語で「1000の島」という意味で、その名の通りたくさんの島の集まりです。
ジャカルタ北部にあるアンチョール港から一番近い島で約30分ほど、もう少し足を伸ばすとさらにきれいな海が広がるビーチリゾートへ行くことが出来ます。
今回はその中でも、リゾートとして人気の高い「プトゥリ島」を紹介します。

 

人気の島!プトゥリ島へ

著者撮影

プトゥリ島は、プロウスリブの中でも人気の高い離島です。
島を一周しても約10分ほどのとても小さい島ですが、島全体にコテージが何軒もありエアコンや冷蔵庫、シャワーのお湯がしっかり出るなどの設備が整っているところも人気のひとつです。(※プロウスリブの島の中には設備が整っていない、とても自然に近い島もあります)

 

アクティビティーが豊富!

著者撮影

プトゥリ島では、ダイビングやシュノーケリング、バナナボート、釣りやグラスボートなどのアクティビティーがとても充実しています。シュノーケリングはそこまで深い場所には潜らないので、深いところが苦手な人でも安心して楽しめます。シュノーケリングのスポットには、可愛い海の魚やたくさんのウニを見ることができました。

著者撮影

著者撮影

また、プトゥリ島の港では海の中のトンネル型水族館もあり、海の魚をとても身近に見ることもできます。

 

大迫力!インドネシアの大トカゲ

著者撮影

そして、プトゥリ島の見どころの一つは、島で飼育されている大トカゲ。木陰に居るところへ遭遇しましたが、本当に大きくて大迫力!人を襲うことはない穏やかなトカゲだそうですが、触ったり近付き過ぎたりしないように注意して下さい。

著者撮影

島では朝食から夕食までオールインクルーシブで、美味しいインドネシア料理をお腹いっぱい楽しむことができました。私たちはアクティビティーとして釣りを行いましたが、釣った魚を調理して出してくれるサービスもあります。

そして、島の方々はとても暖かくアットホームに迎えてくれました。ジャカルタと正反対のゆっくりとした時間を過ごすことが出来るので日々のリフレッシュにいかがでしょうか??

プトゥリ島を含め、プロウスリブの島へは、ジャカルタの現地ツアーがお勧めです。
日本語で紹介してもらえる旅行代理店はこちら

H.I.S. Jakarta支店
http://www.his-jkt.com
営業時間 月~土: 09:00~17:00  / 日・祝 休み
住 所 Mid Plaza 1 Building, BS 1st floor Jl,
Jend Sudirman Kav, 10-11 Jakarta 10220.
電話番号 (+62)021-579-52052

Panda Travel Jakarta支店
https://www.pandabus.com
営業時間 平日/10:00-17:00
土・日・祝日/09:00-18:00
住所 Papaya fresh gallery Lt2. Jl.Melawai Raya No.28, Jakarta
電話番号 (+62)-21-722-1022

  • ジャカルタの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう

最新おしゃれスポットへ

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう
“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu