TRIPPING! トップ × ASEAN × インドネシア × バリ × ガムラン&影絵芝居のディープな魅力〜前編〜
Loading
2015.1.30 21:17
この著者の記事 インタビュー ガムラン ワヤン・クリ 川村亘平斎 影絵芝居
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kawamura_intw1

 

その土地の文化や歴史を予習して、“なるほど”な旅を楽しむ「旅を深めるミニ講座」。今回は、インドネシアの青銅打楽器・ガムランを中心とした音楽活動を始め、音楽と影絵を融合するソロユニット【TAIKUH JIKANG滞空時間】を中心に、国内外のアーティストとの共演など、多彩な活躍を見せる川村亘平斎さんが登場。音楽、影絵などの芸能を通して独特の「場」を作る彼だが、そのルーツとなるバリ島での修行体験、そこから見えたバリ島における人と伝統芸能の関係について話を伺った。

本文を読む


 

——川村さんがガムランや影絵芝居(ワヤン・クリ)に興味を持ち始めたきっかけは何だったのですか?

「学生時代から、伝統音楽を使った仕事をしたいという思いがあったのですが、特に手で叩く楽器をやりたいと思って、大学でガムランを学び始めました。早い段階からバリに長く滞在したいという思いが募って、2003年から一年間現地で暮らし、ガムラン奏者の師匠に弟子入りして、影絵芝居で伴奏楽器を修行しました」

 

——師匠からはどんな形で演奏を学んだのですか?

「僕の師匠はほとんど喋ることがなく、『飯を食え』『太鼓を叩け』、それから『ある一定のレベルまで行ったら、あとは(ガムランは)自分のものだから』としか言われた記憶がありません。練習のときも、言葉での指示はなく、師匠がガムランを叩く姿を見て、出来るまでひたすら叩くんです。ガムランのアンサンブルに至っては、村の小中学生を教えるのは大学生、大学生以上の青年たちを教えるのは30、40代の人たち、さらに年上だと現役を引退した長老たちが教えるという具合に、世代間でガムラン演奏が継承されています。日本の囃子と似ていますよね。同じ楽器を20、30人全員で共有して使うのですが、ここでもやっぱり一つのフレーズを覚えるまで叩くという反復練習です」

 

kawamura_intw2
photo: 日本アセアンセンター

 

——地域の中心に、ガムランが存在しているんですね。

「そうですね、ガムランは音楽や楽器という言葉だけでは説明できません。楽器があるからみんな集まるし、面白いからみんな続ける。中には、本業は農家の人もいれば、絵描きの人などもいて、演奏家を生業にしている人もいます。でも、最終的に楽器が上手な人しか残れないという事はなく、どんな人でも演奏できるパートが必ず与えられて、その人がいないとガムランが成立しない風に出来ているんです。技術的な事はもちろん、人間関係なども全部、互いが理解し合った上で楽しめるものというのが面白いですよね。これはバリ独自の持ち回りの文化に通ずるもので、例えば、結婚式があれば村人全員で手伝い、新郎新婦は彼らに食事を振る舞うし、祭りに寺に納屋を建てるのを手伝った人は皆ごはんがもらえる。逆に、自分が隣の人に何か助けてもらったら、お返しに振る舞う。財産を皆で回すという価値観ですね。ただ、時代の変遷によってその文化は少しずつ薄れているのですが」

 

  • バリの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!

ワイルド&カラフルなダイビングスポット

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!
バリ島リゾートの体験型アクティビティはここまで進化している!

最高のエクスペリエンスを!

バリ島リゾートの体験型アクティビティはここまで進化している!
タイ東部に浮かぶ「チャーン島」で秘境感たっぷりの極上ビーチを満喫!

タイ・リピーターにおすすめのビーチリゾート

タイ東部に浮かぶ「チャーン島」で秘境感たっぷりの極上ビーチを満喫!
遺跡だけではないバガン!遺跡周辺の“村観光”へ出かけよう

村の人々の暮らしを見学

遺跡だけではないバガン!遺跡周辺の“村観光”へ出かけよう
閲覧注意の大苦行!ヒンズー教の神聖な儀式「タイプーサム」

シンガポールとマレーシアで開催

閲覧注意の大苦行!ヒンズー教の神聖な儀式「タイプーサム」
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu