TRIPPING! トップ × ASEAN × カンボジア × シェムリアップ × 世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
Loading
2017.4.7 18:30
行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

鈴木 かの子:世界遺産ニスト
この著者の記事 アンコールワット アンコール遺跡群 世界遺産 子連れ 子連れ旅行 家族旅行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


photo:世界遺産イェーイ!

東南アジアの子連れ旅行と言えばビーチ・リゾートが人気ですが、やっぱり遺跡を見たい!ということで、昨年11月に3歳の娘を連れて家族3人で、カンボジアの世界遺産「アンコールの遺跡群」と「プレア・ビヒア寺院」に行ってきました。今回の記事では、子連れカンボジア旅行の体験記をお届けします。


 
1. 子連れ遺跡観光
2. 子供の食べ物
3. 泊まったホテル

 

1. 子連れ遺跡観光

カンボジアの世界遺産は「アンコールの遺跡群」と「プレア・ビヒア寺院」の2つ。「アンコールの遺跡群」は、仏教やヒンドゥー教が混在した複数の遺跡から成り立つ世界遺産です。

「プレア・ビヒア寺院」も遺跡の世界遺産。それに加えて「サンボー・プレイ・クック」という、カンボジアで3番目の世界遺産になるのではないかと言われている遺跡にも行ってきました!


3歳の子供でも乗れるアンコール・バルーン   photo:世界遺産イェーイ!

 

子連れでまわった観光スポット

■世界遺産:アンコールの遺跡群
・アンコール・ワット
・アンコール・トム
・バンテアイ・スレイ
・ロリュオス遺跡群
※アンコール・バルーンとアンコール国立博物館も訪れました

■世界遺産:プレア・ビヒア寺院

■サンボー・プレイ・クック


サンボー・プレイ・クック   photo:世界遺産イェーイ!

観光の拠点となる街シェムリアップには4泊しました。カンボジアは再訪なので少々マニアックな遺跡も観光しています。

 

オススメは車のチャーター


photo:世界遺産イェーイ!

遺跡を観光するには、ツアーに申し込むのが一番楽だと思うのですが、私たちは観光中の自由度や子連れだったこともあり、現地で車をチャーターしました。これが大正解!

ツアーに比べると若干高めですが、自分たちのペースで動けるし、子連れだと多くなりがちな荷物も乗せ放題!またドライバーさんの優しさにも助けられました。


photo:世界遺産イェーイ!

遺跡は広大なので、子供は疲れてしまい「歩きたくない~」となってしまう時もあります。そんなとき、ドライバーさんがガイドのように遺跡まで来てくれて娘のサポートをしてくれました。特別なことをしてもらった時は、チップは多めに払いましょう!

実はこのドライバーさんは、私たちが8年前にシェムリアップを訪れた時にトゥクトゥクのチャーターをお願いしたドライバーさんだったのです!今回トゥクトゥクから車に昇格して私たちの旅をサポートしてくれました!


昼寝をする娘@アンコール・トム   photo:世界遺産イェーイ!

シェムリアップ市内から近いアンコール・ワットなどの遺跡に行く時は、トゥクトゥクを使ったりもしました。車も快適ですが、トゥクトゥクは日本にはない乗り物なので娘も喜んで乗っていました。時には昼寝をさせてもらったことも!

 

facebook facebook facebook facebook
  • シェムリアップの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu