TRIPPING! トップ × ASEAN × 憧れのあの旅先にも格安で!知って得するエアアジアのBIG SALE!
2016.11.14 00:00
この著者の記事 エアアジア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

013_写真提供:エアアジア

エアアジア・グループと言えば、LCC(ローコストキャリア)のマーケットをけん引するアジア最大級の航空会社。スカイトラックス社が発表する「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」を、2009年から8年連続で受賞し、世界中の旅行者、ビジネスマンから支持されている。

そんなエアアジアが、四半期に一度、BIG SALEを実施しているのはご存知だろうか? 徹底的なコスト削減で、常に格安の運賃を提供しているエアアジアではあるが、この時期は日本発着の航空券がさらにお得に購入できる。しかも全便全席対象! 今年最後のBIG SALEは11月14日(月)から11月20日(日)の一週間だ。

 
そこで今回は、エアアジアとは? から、知って得するセール情報、さらに編集部が特に注目するお得なフライトまで一挙ご紹介!

 

世界初のLCC航空会社「エアアジア」

Group_0020_写真提供:エアアジア

エアアジア・グループは、現在アジア・オーストラリアを中心に27カ国120以上の都市に就航するアジア最大級のLCC(ローコストキャリア)の航空会社。マレーシア・クアラルンプールと、タイ・バンコクをハブとして、複数の路線を運航し、特に南半球のコネクションがいいことで知られている。

2001年マレーシアでたった2機の飛行機からスタートしたエアアジアも、就航から15年を迎え、現在では200機以上の機体を保有し、今迄に3.3億人を超える搭乗客を迎えている。

 

格安運賃の秘密とは?

2014-09-20 13_©TRIPPING!

飛行機に乗ることは特別なことではない “Now Everyone Can Fly”をモットーに徹底的なコスト削減により格安の運賃を提供しているエアアジア。運賃の安さの秘密を伺った。

 
1. 販売コストの削減
エアアジアでは、利用客がWEB上で航空券を自ら手配することで、販売にかかる人件費などを大幅に削減している。チェックインは基本的にはWEBで行うことを推奨していて、搭乗14日前から出発予定時刻4時間前まで可能。

 
2. オプション、機内サービスの有料化
受託手荷物や機内食、機内サービス(ブランケット、枕、エンターテイメントシステム)を有料化することで、サービスにかかる経費を削減。

 
3. 運賃コスト削減
LCC空港を使用することで空港税を削減。さらに1機あたりの乗客数を増やし、運航便数を増やすなどの様々な施策で運賃コストを削減。

 
安全性は確実に確保しながらコスト最適化を実現させていると、エアアジアの方針を教えてくれた。

 

見逃せない!年に4回のBIG SALE

2016-11-11画像提供:エアアジア

エアアジアのBIG SALEは毎年4回、四半期ごとに実施される。今回は今年最後のセール。販売期間は11月14日(月)から11月20日(日)の一週間。搭乗対象期間は2017年5月1日から2018年2月6日。

BIG SALEでは、エアアジア・グループの中でも、成田空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港から発着するエアアジアXと、成田空港、関西国際空港から発着するタイ・エアアジアXのフライトが対象。エアアジアXのフライトはクアラルンプールへの直行便もしくはクアラルンプールを経由する計83便、さらにタイ・エアアジアXのフライトは、バンコクへの直行便もしくはバンコクを経由する計26便がセール価格で提供される。

想像以上に格安の運賃に驚かされてしまう。例えば関西国際空港からクアラルンプールまでの直行便は往復8,900円、バンコクまでの直行便は往復9,900円。羽田空港からクアラルンプールまでの直行便は往復10,900円、成田空港からクアラルンプールまでの直行便は往復10,900円。経由便も通常ではあり得ないほどの料金が並ぶ。

 
>>|エアアジア BIG SALEのお得な運賃をチェックする|AirAsia.com

 

編集部が注目!セールで狙いたいフライト

人気の旅先から、いつか行ってみたい注目の旅先まで、バラエティ豊かにラインナップするフライトが魅力のエアアジア、BIG SALE。

特に編集部が注目したのがこちら。

 
<人気の旅先>

■ホーチミン(ベトナム)
・羽田=ホーチミン(クアラルンプール経由) : 12,900円
・関西=ホーチミン(クアラルンプール経由) : 10,900円
・関西=ホーチミン(バンコク経由) : 12,900円
・成田=ホーチミン(バンコク経由) : 13,900円

 
■バリ島(インドネシア)
・羽田=バリ島(クアラルンプール経由) : 16,100円
・関西=バリ島(クアラルンプール経由) : 14,100円
・千歳=バリ島(クアラルンプール経由) : 16,100円

 
■プーケット(タイ)
・成田=バリ島(バンコク経由) : 13,900円
・関西=バリ島(バンコク経由) : 12,900円
・関西=バリ島(クアラルンプール経由) : 11,022円

 
■シドニー(オーストラリア)
・羽田=シドニー(クアラルンプール経由) : 21,700円
・関西=シドニー(クアラルンプール経由) : 17,900円
・千歳=シドニー(クアラルンプール経由) : 21,700円

 
<いつか行ってみたい注目の旅先!>

■シェムリアップ(カンボジア)
・羽田=シェムリアップ(クアラルンプール経由) : 12,900円
・関西=シェムリアップ(クアラルンプール経由) : 10,900円
・成田=シェムリアップ(バンコク経由) : 16,900円

 
■コロンボ(スリランカ)
・羽田=コロンボ(クアラルンプール経由) : 16,900円

 
■モーリシャス(アフリカ大陸)
・羽田=モーリシャス(クアラルンプール経由) : 21,800円
・関西=モーリシャス(クアラルンプール経由) : 23,800円

※表記金額(燃油込)の他に、空港施設使用料、諸税が別途かかります。

 

プレミアムフラットベッドで快適な空の旅を

IMG_0048_1-2 copy写真提供:エアアジア

LCCは、シートピッチが狭いのがちょっと……。そんな方におすすめしたいのが、エアアジアが誇るプレミアムフラットベッド。快適な空の旅を叶えるフルフラットのシートに、掛け布団や枕も含まれ、ユニバーサル電源も完備。更に、クアラルンプール空港第二(KLIA2)にあるエアアジアのラウンジ「プレミアムレッドラウンジ」の利用や、優先搭乗も対象に。

BIG SALEでは、成田空港ならびに関西国際空港からバンコクまでの直行便はそれぞれ32,900円、クアラルンプールへの直行便は羽田空港から38,900円、関西国際空港から36,900円、新千歳空港から42,900円で提供。

 
お得なセールを利用して、早速来年の旅行計画を練ってみてはいかがだろうか?

 
>>|エアアジア BIG SALEのお得な運賃をチェックする|AirAsia.com

013_
A320
2014-09-20 13_
crew 767 low_
2016-11-11
IMG_0048_1-2 copy
Group_0020_
facebook facebook facebook facebook

この記事のタグ

エアアジア
  • ASEANの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu