TRIPPING! トップ × ASEAN × 今年も強い!アジアの人気観光スポット第一位はやっぱり……
Loading
2016.5.23 23:55
この著者の記事 旅のトレンド調査結果 調査記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12c-28-13©ASEAN-Japan Centre

旅行口コミサイト「TripAdvisor®(トリップアドバイザー)」は、世界中の人気ランドマークをランキング化した「トラベラーズチョイス™ 世界の人気観光スポット2016 ランドマーク編」を発表した。

本文を読む


 

アジア1位はあの遺跡

アンコールワット_Fotor
アンコールワット ©TRIPPING!
 
2016年で4回目を迎える「トラベラーズチョイス™ 世界の人気観光スポット2016 ランドマーク編」は、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が、人気のランドマーク(政府機関やNPOなどが保有する文化・歴史的な背景を持つ世界中の観光名所)を、旅行者の投稿をもとにランキング化したもの。

2016年のベストランドマークには、ペルーのインカ帝国の遺跡「マチュピチュ」が選出。2位の「シェイク・ザイード・グランドモスク」(アラブ首長国連邦)に続き、3位にはカンボジアの「アンコールワット」が選ばれた。
 
【世界のランドマーク トップ10】
順位/ランドマーク名(国名)
1位 マチュピチュ(ペルー)
2位 シェイク・ザイード・グランドモスク(アラブ首長国連邦)
3位 アンコールワット(カンボジア)
4位 サン・ピエトロ大聖堂(バチカン市国)
5位 タージ・マハル(インド)
6位 大聖堂とモスク(コルドバのメスキータ)(スペイン)
7位 血の上の救世主教会(ロシア)
8位 アルハンブラ宮殿(スペイン)
9位 リンカーン記念館とリフレクティング・プール (アメリカ)
10位 大聖堂(ドゥオーモ)(イタリア)

 

東南アジアの人気スポットは?

シュエダゴンパゴダ
シュエダゴン・パゴダ ©ASEAN-Japan Centre
 
アジアランキング首位のアンコールワットに続き、4位に選ばれたバンコクの仏教寺院「ワットポー」や、6位のミャンマー「シュエダゴン・パゴダ」は、昨年よりランクを1つずつ上げ、人気も上々。
昨年から順位を落としつつも堂々ランク入りを果たした、マレーシア「ペトロナスツインタワー」やタイの王宮は、根強い人気を示した。
 
pixta_ペトロナス
ペトロナスツインタワー photo:PIXTA
 
注目は、昨年ランク外だった「タナロット寺院」や「ボロブドゥール寺院遺跡」などのインドネシアの仏教寺院がBest25にランクインしたこと。昨年の20位から10位もランクを上げたベトナムの「クチトンネル」や、昨年ランク外だったシンガポールの「サンズ スカイパーク(空中庭園)」が16位にランクインするなど、注目度急上昇中のスポットも登場している。

 
【アジアのランドマーク トップ10】
1位 アンコールワット(カンボジア)
2位 タージ・マハル(インド)
3位 慕田峪長城(中国)
4位 涅槃寺(ワット・ポー)(タイ)
5位 伏見稲荷大社(日本)
6位 シュエダゴン・パゴダ(ミャンマー)
7位 ペトロナスツインタワー(マレーシア)
8位 アンベール城(インド)
9位 王宮(タイ)
10位 クチトンネル(ベンユォック)(ベトナム)

 
参照元>トラベラーズチョイス™ 世界の人気観光スポット 2016 ランドマーク編
日本国内のランキングはこちら>
世界のランキングはこちら>
アジアのランキングはこちら>

  • ASEANの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

雑貨天国ホーチミン!おすすめの買い物ルート2コース

ショッピングを楽しもう!

雑貨天国ホーチミン!おすすめの買い物ルート2コース
タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る

タイ王室リゾート「ホアヒン」 前編

タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る
ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート

手つかずの大自然に抱かれる

ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート
2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?

今年の海外旅行どうする!?

2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?
カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪

女性にうれしい効果がいっぱい!

カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu